関東弁護士会連合会は、関東甲信越の各県と静岡県にある13の弁護士会によって構成されている連合体です。

関弁連とは?関弁連とは?

関弁連って何の略ですか?

 関弁連というのは,関東弁護士「会」連合会のことで,東京高等裁判所管内の13の弁護士会によって構成されています。東京の三弁護士会(東京,第一東京,第二東京)と,関東地方の弁護士会(神奈川県,埼玉,千葉県,茨城県,栃木県,群馬)のほか,甲信越の弁護士会(山梨県,長野県,新潟県)及び静岡県の弁護士会が連合した組織です。

 関弁連に所属する弁護士の数は約2万人で,日本の弁護士の約60%が関弁連に属しています。

 全国には,「弁護士会連合会」(弁連)が,関弁連の他に,全国の高等裁判所に対応して,北から北海道,東北,中部,近畿,中国,四国,九州に設けられています。
 また,全国組織である「日本弁護士連合会」(日弁連)は,全国52の弁護士会及びそこに所属する弁護士・弁護士法人を構成員(会員)としています。つまり,52弁護士会は,日弁連の会員であると同時に,各地の弁連の構成員でもあるわけです。

 日弁連は,国家機関から監督を受けない「弁護士自治」を有し,この自治権の下に,弁護士会及び弁護士等の指導及び監督を行い,また,全国レベルで憲法,人権,災害支援,刑事司法と民事司法の改革,法曹養成,裁判員制度,男女共同参画等といった重要な諸課題について市民の視点から取り組んでいます。

 関弁連を始めとする各地の弁連は,各地で日弁連のこういった活動のサポートを務める一方,地域における諸課題に取り組むと共に,構成する弁護士会の連携・交流を図るための諸活動を展開しています。

どんなことをしているのですか?

 定期弁護士大会やシンポジウムなど,13弁護士会が協働で行っている事業が沢山あります。最近では,東日本大震災の被災者支援活動もそうです。福島から関弁連管内に避難しておられる方は沢山おられます。お互いに情報交換したり研修をしたりしながら,被災地にアクセスしやすい会は,現地に行って法律相談をすることに力を入れ,遠い会は地元で避難して来られた方々を支援したりして,協働して被災者支援に取り組んでいます。

関弁連の課題はどんなこと?

 関弁連は,日本最大の弁護士会連合会ですが,所属弁護士の4分の3は東京の三つの弁護士会に属し,残りの4分の1の弁護士がそれ以外の弁護士会に属しています。その環境の違いから,巨大都市東京の弁護士会と10県に属する弁護士会の間では,かなり意識が違っています。この違う弁護士会同士で,情報を共有し協働していく工夫が求められています。

理事長就任にあたって

写真:理事長

2021年度理事長
海老原 夕美

ご挨拶

 2021年度理事長に就任いたしました埼玉弁護士会所属,34期の海老原夕美です。1年間,第一東京弁護士会の上柳敏郎副理事長をはじめ,常務理事・理事の皆様と協力して,関弁連会務の運営をしていきたいと考えておりますので,どうぞよろしくお願い致します。
 私と関弁連とのかかわりは,2008年度に埼玉弁護士会の会長,2013年度に日弁連副会長を務めたときに常務理事を兼任したというところですが,日弁連では,1996年頃から両性の平等に関する委員会委員をしてきており,また,男女共同参画推進本部にもかかわってきました。同委員会で,2007年に「女性弁護士の歩み ― 3人から3000人へ」という書籍を出版しました。3人というのは,1940年に初めて誕生した3人の女性弁護士(中田正子,久米愛,三淵嘉子の3氏)のことですが,女性弁護士が3000人を超えたのは,半世紀以上たった2006年のことで,2万3096人中の3137人(13.58%)。ちなみに,私は,その本の資料編の年表作成を担当しましたが,先輩女性弁護士が,女性の立場から労働,離婚,ドメスティック・バイオレンス,セクシュアル・ハラスメントなど,様々な分野の法廷内外の活動を通して女性の権利擁護に取り組み,そして社会を変革してきたことを再認識し,鳥肌がたつような感動を覚えました(日本国憲法の前文を読むときにいつも感動を覚えるのですが,それと同様の感動でした。)。
 その後,女性弁護士も増え,2021年3月1日現在で弁護士総数4万3257人中の8344人(19.29%)となり,関弁連管内の女性弁護士は2万6490人中の5380人(20.31%)となりました。しかし,依然として裁判官・検察官よりも女性の割合が低いという現状であり,今後も,女性弁護士の増加にむけての取組とともに,弁護士会の意思決定過程に多くの女性弁護士が参加し,男女共同参画をさらに推進していくことが必要であることはいうまでもありません。今年度も,男女共同参画推進を強く推進していきたいと考えております。
 また,関弁連において,東京三弁護士会と十県会との協力・協調体制が重要であることはいうまでもありませんので,東京三弁護士会と十県会の協力・協調体制をより一層強化するよう努め,また関弁連の一層の発展のために働きたいと思っております。

・関東弁護士会連合会規約(PDF)

・2021年度関東弁護士会連合会役員名簿(PDF)

PAGE TOP