関東弁護士会連合会は、関東甲信越の各県と静岡県にある13の弁護士会によって構成されている連合体です。

「関弁連がゆく」(「わたしと司法」改め)

従前「わたしと司法」と題しインタビュー記事を掲載しておりましたが、このたび司法の枠にとらわれず、様々な分野で活躍される方の人となり、お考え等を伺うために、会報広報委員会が色々な場所へ出向くという新企画「関弁連がゆく」を始めることとなりました。

新着記事

キヤノンイーグルス所属 ラグビー選手
田村 優さん

今回の「関弁連がゆく」は,日本中が熱狂した2019年のラグビーワールドカップ(以下「RWC」といいます。)でのご活躍が記憶に新しいラグビー選手の田村優さんです。
2019年RWCでは,スタンドオフ(※攻撃の組み立ての中心となるポジション)として背番号10番を背負い,司令塔として,また,プレースキッカーとして大活躍され,日本代表のベスト8入りに大きく貢献されました。また,所属されているジャパンラグビー・トップリーグのキヤノンイーグルスでは2020年からキャプテンに指名され,チームを牽引されています。ラン,パス,キック,判断力,すべての技術に秀でた名実ともに日本を代表するラグビー選手です。
今回のインタビューでは,RWCの話題を中心にお話を伺いました。

記事を読む

PAGE TOP